桐の木の処理、枯らし方

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
毎年、困るのが桐の木の処理

切っても、切っても直ぐに生えてきて、異常なスピードで成長します。

毎年、ゴールデンウィークに切って秋には3m位に

葉も特別に大きく直径30cm位の大きさに

これが秋になると枯れ落ち毎年処理に困ります。

これが伐採前の桐、こんなのが5、6本あります。

桐の木

桐の葉です。まだ成長途中でこの倍以上の大きさに成長します。

桐の葉

なんとかならないものかと林業関係者に聞くと

「切断してそこにノコギリでキズを沢山付け、ラウンドアップの原液を塗ればOK」

と聞いて、ネットで調べてみると

ラウンドアップマックスロードの質問ページにありました。

以下引用

Q雑かん木の枯らし方は?

A
雑かん木の枯らし方は3通りありますので、ラベル記載の登録内容にしたがって適切な方法を選んでください。ラウンドアップマックスロードの処理時期は開花期以降あるいは7月~11月がお勧めです。常緑樹(冬でも葉が緑の木)は枯れにくいので、特にしっかり処理してください。また、完全枯死まで時間がかかります。

散布する
低木(1m程度まで)の場合は、葉に直接25~50倍液を散布します。常緑樹は枯れにくいので、25倍で散布してください。また、飛散には十分注意して散布してください。

塗布する
樹高が高くて直接散布できない時は木を切ってください。そしてその切り口に原液または2倍液をペンキを塗るように十分に塗布してください。新鮮な切り口への処理がお勧めです。数日以上経った切り口は再度新たに切り直してください。
注入する
株元にドリルなどで、7~8cm間隔で深さ数cmの穴を開け、原液または2倍液をそれぞれの穴に1mlずつスポイトなどで入れます。

で、先ずは伐採してドリルで穴をあけます。

桐の株

最終で木にこれの10倍くらい穴を開けて

ラウンドアップマックスロード注入!

ラウンドアップマックスロード

最初は原液でやってみましたが2倍に薄めないと粘りが強くて扱えませんでした。

その後どうなったかは後日報告します

コメント

  1. 匿名 より:

    桐の幼木に困って調べていて、こちらにたどり着きました。
    ラウンドアップ、その後どうですか?

    • 1730man1730man より:

      返信が大変遅くなり申し訳ありません。効き目はバッチリです。その後についてブログアップを考えていますので、少々お待ちください。

  2. より:

    私も昨日伐採してラウンドアップを撒きました。
    ですがドリルなどで念入りに浸透させることは考えていませんでした。
    毎年復活するので方法を調べにここに来ました。
    後日談を知りたいです。

    • 1730man1730man より:

      返信が大変遅くなり申し訳ありません。ラウンドアップを撒くだけでは全く効きませんよね。ドリルで穴を開け浸透させる事でほぼ復活はしませんよ。でも、家の裏山に大きな桐の木が数本あって、種が落ちてくるのでほぼいたちごっこです。

タイトルとURLをコピーしました